とりあえず。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありゃ,いつのまにか100HIT!?

。。。ん??
        118??
                あれ。。。?
。。。カウンター100越えてる。。。

オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!

か,感動じゃないですかw
たかが100,されど100w
次は200が目標ですねwww

。。。しかし,なかなか更新されないブログだよな(爆

みなさん,見捨てないでくださいね (⌒_⌒; タラタラ

さてw
前回の続き,書きますw

千本桜が食べられなかった津山の近くに,院庄というところがありまして。
そこにサクラ神社というのが,あるんですよ。

。。。え?
まだ,サクラネタかって。。。?

いやぁ。。。。



((T.T; )(; T.T))おろおろ・・



。。。ま,いいじゃないですかw

え~。。。
作楽神社とかいて,さくら神社と読むんですが,ここに何があるかというと。。。
「太平記」ってご存知でしょうか?

「太平記」の名シーンの一つに,隠岐に流されていく後醍醐天皇が,途中泊まった神社で,桜の木に書かれた詩を目にするシーンがあるんですね。

「天莫空勾践 時非無范蠡 」
(てん,こうせんをむなしゅうするなかれ,時に,はんれいなきにしもあらず)」

と書かれているんです。

これは,児島高徳という武将が後醍醐天皇にむけて書いたもので,昔の中国の故事を引用したものです。

昔,中国に越という国に勾践(こうせん)という王様がいて,呉という国の王様,夫差(ふさ)と戦って敗れてしまい,とらわれの身となってしまうんです。それを忠臣,范蠡(はんれい)の努力によって助けられ,呉に対して逆転勝利することができたんですね。だから,後醍醐天皇もあきらめないでください,これからあなたの危機を救う味方が現われます,私のように!と伝えるために書いた詩です。

翌朝,後醍醐天皇を隠岐に送る役目の兵士がこの詩を目にするんですが,その漢字の詩の意味がわからず,「なんじゃこりゃ?」となっている横で,ひとり後醍醐天皇だけが意味を理解し,「ここにも忠義な家来がいたか,あきらめちゃいかん!」と励まされた,という話なんですが,その名シーンの神社が作楽神社なんですね。

いやぁ,ここが,あのシーンの神社かぁ~
感動w
作楽神社


。。。さて
院庄によったのは,もうひとつ理由がありまして。。。
久米の里という,道の駅があるんですが,そこに。。。。

Zガンダムがいるんですw

その写真がこれだw

。。。1,2,3w


ガンダム01




さらに,このガンダムの大きさがわかる写真がこれだww

。。。1,2,3w!


ガンダム02

一見の価値ありですよw 。。。。たぶん


。。。あるかな。。。??

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

そんなところにガンダムが!!
しかも、でかいとはw
おかげで
昔というか中3のとき、
友達と、「将来ガンダム作ろうぜ」って話してたのを
思い出しましたよww

†フェン† | URL | 2008年08月29日(Fri)23:15 [EDIT]


100HITおめでとうございます!!
この勢いで1万HITいきましょうw

そして、早速リンクに追加させて
もらいましたよ( ̄ー ̄*)
私のブログもリンクにいれてくれるとのことで…
これからもどうぞよろしくお願いしますorz

そして太平記の名シーンの話に感動していると、
追記のガンダム見て吹きましたww
なんてデカさ…!!
人がゴミのようd(ry
いや、コレはますます津山周辺行ってみたいですなw
よし、将来的には必ず…!
そして行ければ広島も…w

…いつになるか分からないけど(´、ゝ`)プッ

団扇 | URL | 2008年08月29日(Fri)23:26 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。